-営業代行会社スタッフが送る営業情報-

テレアポに最適な声とは? <法人営業・テレアポ編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人に情報が伝わるときに、3つの要素で伝わります。

視覚(ビジュアル)、聴覚(音声)、言語(文字)。

この比率はそれぞれ

55%、38%、7%。

一番大きな要素は視覚(ビジュアル)です。

 

メラビアンの法則


これがメラビアンの法則です。

では顔が見えない電話のときには、この比率はどうなるのでしょうか?

相手の顔や態度がわからない分、視覚の分の55%は聴覚に引き継がれます。

つまり電話で情報を伝える時には、

聴覚(音声)が93%もの部分を担うことになります。

 

極端に言うと、電話では

声で態度や表情を表さないといけないわけです。

 

電話をするときに最も大事な声ですが、

十分に気を使っている方はどのくらいいるのでしょうか?

 

法人営業では、どんな声色で、どのくらいのスピードで話したら良いのかを説明します。

 

相対と電話の違い


「こんにちは!株式会社トレバーの〇〇です!今日は~」

このようにとても元気にお電話をしてくださる方、まだまだ多いですよね。

直接お会いすると明るく元気で好感が持てるのかもしれません。

 

先ほど申し上げた「メラビアンの法則」でいうと、

会って挨拶をした時点で 視覚+聴覚+文字=100% の情報を元に

明るく元気だ→好感が持てる

という判断に至っています。

 

ところが、テレアポとなると話は違います。

先ほど述べたように、態度や表情が見えないので相手の判断基準は視覚が無くなり

聴覚+文字= 100%

になってしまうのです。

 

この場合、明るく元気に電話することが必ずしも良いとは言えません。

それは、電話をかける側と受ける側にテンションの違いがあるからです。

あなたが電話をかけているときは、あなたは机の前に座って、電話をする態勢でいるでしょう。

では電話を受ける相手はどうでしょうか?

 

おそらく、机の前で座って電話を待っている人はほとんどいないと思います。

必ずといっても良いほど他の仕事をしています。

つまり、言ってしまうと、電話によって仕事を止められてしまったという状況で電話を受けるのです。

『明るく、元気に』電話をしたところで、相手とテンションが釣り合わないのです。

 

話すスピード


「お世話になります。株式会社トレバーの〇〇と申します。」

この文をいつものテレアポの通り話してみてください。(〇〇は適当に名前を入れてください)

何秒かけて読んでいますか?

普通に話すとおそらく「4秒」以内で話し終わると思います。

 

これを「6秒」かけてゆっくり話してください。

これが適切なスピードだと思ってください。

テレアポでは『落ち着いた印象』を与えることが必要です。

 

この短文だとたった2秒の差です。

しかし、テレアポ全体を通してこのスピードで話せば、今までと随分印象が違ってきます。

話すのがゆっくりの人がこれから早くするのは難しいですが、逆は簡単ですよね。

 

適切な声色


次は声色です。

どうすれば良いのかというと、

いつもよりもキーをワントーン上げる

 

あれ?

と思った方は多いですよね。

「明るく元気にはダメなのに、キーを上げるのはいいのか?」

『明るく』は良いのです。『元気に』が良くないのです。

 

両立するのが難しく見えますが、実は簡単です。

カラオケに行って「I Love You / 尾崎豊」を歌うとき、
そのままの歌い方でもキーを上げられますよね?(年がバレますかね。。。)

変えるのはボリュームではなく、トーン(キー)です。

カラオケでいう所の

原曲キー』を『#1

にしてください。

 

※法人相手ではなく、個人相手のテレアポの場合は異なります。

個人相手の場合には第一声で「安心感」を前面に出す必要があるため、

『なるべく低い声で』

話すというのが一般的です。

 

まとめ


テレアポのファーストアプローチでは、

キーをワントーン上げた声色で、ゆっくりと話す

このたった二つを意識すれば良いのです。

ちなみに声が素晴らしいアーティストといえば日本人だと彼女ですかね。

 

今回はファーストアプローチの

』の部分でした。

次回はファーストアプローチで

担当者様の性格を読み取る』方法について書きます。

画像引用元:Spotify

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

はじめまして。
ブログ運営者のOGです。

ブログコンセプトは”ビジネス×音楽”。
どうせ仕事するなら楽しくやろうじゃない、
ということで、仕事中にも音楽ネタをばしばし
放り込んでいきます。

運営会社では「良いものを良い場所へ」という
テーマで、眠っている良いものを掘り起こすために
営業代行やPR代行、集客コンサルティングを行って
います。

>>>詳しいプロフィールはコチラ<<<

HOT OGA CHART 10

Corporate